読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京映画帝国

”全映画は3つの部分に分かれる” 基本的にあらすじなし、ネタバレなし、映画館鑑賞作のみの感想[評価/批評]。適度な長さとわかりやすい言葉でのレビューとなることを心がけてます。(☆は最大5。3以上で傑作)

アニメ

<いい大人がマジになりすぎ> 「ズートピア」ネタバレ無し感想レビュー

<いい大人がマジになりすぎ> 自分目線だけで言うと、このかわいい絵柄で普通に楽しめてなおかつ現代アメリカ社会の徹底した風刺・トレースをするなんて最高!という感じ。 だけど、ふとこれは4、5歳とかの子どもから観るアニメと考えると、子ども向けアニメ…

「アーロと少年」感想 <そもそもあなたはもうターゲットではないのかも?>

事前に評判を読んでいて、あまり期待せずに「頭を空っぽ」にして観たので自分は満足。これは"話がありきたりで…”とか、"人間が犬みたいに描かれていてちょっと…”とアタマで考えてしまう層はお呼びじゃないんだなと。 「現実よりも美しくなければ意味がない」…

「リトルプリンス 星の王子さまと私」感想 "心で見た時に本当のことがわかる"

評判が良かったので鑑賞したけど大スクリーンで観ておいてよかった。(「インターステラー」の娘役の子が主演声優と知ってにわかに興味が湧いたのは内緒。) 小学生くらいの女の子の抑圧と成長、という方向性としては「インサイドヘッド」に近いものがあるけれ…

映画「心が叫びたがってるんだ」感想

"言葉は人を傷つける、口に出したらもう戻らない" と聞いて「うっ!」とならない人はいないはず。「言葉と青春」という着想が新しかった。 「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」のスタッフ最新作と聞いて、あれは良い部分もあるけど「やり過ぎ」な部…

映画「ミニオンズ」感想 <ピクサーじゃないからと食わず嫌いせずに>

観てよかった、楽しかった! 劇場でよく見るかわいいミニオンから興味が湧いて最近シリーズを追いかけたクチだけど。今まで確信犯的に脇役だった正体不明の「ミニオン」がついにメインに。前二作で誰もが感じていたミニオンとそのかわいい動きを「もっともっ…

映画「インサイドヘッド」感想

<ピクサースタジオ20周年記念作としては…> 監督の代表作「モンスターズ・インク」に続き、自身の子育て経験を基にした「思春期の少女と頭の中の5つの感情のキャラクターの物語」というアイデアの独自性、実際の心理学的考証に基づき脳内の感情や記憶の仕組…

映画「バケモノの子」感想 <僕らがメジャーで観たかったのは中距離バッター松井秀喜ではない>

そういう感じ。事情は察するが無難すぎる。うーーん高い期待値からの高低差としてはけっこうかも。前三作はかなり好きな人です。 「細田ちゃーん次は小学生くらいの子がバーっと観に来るのヨロシク」というようなオーダーに”そのまま”答えちゃった感じか。で…