読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京映画帝国

”全映画は3つの部分に分かれる” 基本的にあらすじなし、ネタバレなし、映画館鑑賞作のみの感想[評価/批評]。適度な長さとわかりやすい言葉でのレビューとなることを心がけてます。(☆は最大5。3以上で傑作)

映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」感想 <制作陣の努力と気概は感じる>

原作はアニメ放送ぐらいの時に人に勧められて一通り読み、1巻では確かにテンション上がったけど、それ以降興味が薄れていった感じの人。

漫画原作の邦画というエクスキューズはあるけれど、評判を聞いてハードルは下がりきっていたので普通に楽しめた。群衆シーンもスケール感があったし美術や小道具にテレビっぽさや嘘くささはあまりなく、お話の展開もテンポ感に難やツッコミどころはあれど、原作者からの設定改変オーダーもありながらもなんとかまとめ、全体的には「地に足がついていた」ように感じた。(それぐらいのハードルすら越えていない邦画の多いこと…。)

ただまぁそれ以上は、元々の原作自体が作者の処女作でそもそも年に一度の良作程度のレベルで、「壁を越えて人を喰いにくる巨人と人類の戦い」というアイデア一発勝負どっかで見たような要素の寄せ集めの「サンプリング的な面白さ」が魅力の漫画実写映画化に耐えうる「物語の完成度の高さ・世界観の深みが魅力ではない」のだから、ツッコミどころをマジになってあげつらうのは野暮というもの。(1巻で自分が最も興味を惹かれた「巨人の謎」が主人公のアレで早々に大体わかってしまうので本当に興味が無い)

それでも特撮とCGのハイブリッドによる「巨人」の再現と迫力、見せ方が特筆モノなのは間違いない。特撮技術の継承映画としての意義、同監督の次のゴジラ映画への想定もできると思うので、自分のような往年の特撮怪獣映画好きは観ておいて損はないかな。制作陣の努力と気概は感じる。が、おもしろくはない。原作未見ならまだいけるかも。

 

☆3.0