東京映画帝国

”全映画は3つの部分に分かれる” 基本的にあらすじなし、ネタバレなし、映画館鑑賞作のみの感想[評価/批評]。適度な長さとわかりやすい言葉でのレビューとなることを心がけてます。(☆は最大5。3以上で傑作)

「キャロル」感想 <うつくしさとあざとさ>

同性愛云々は別にいいんだけど、みなさん美女同士なら不倫はいいんですかね?

 

「不倫っていっても、夫とはすでに調停中で離婚はほぼ避けられないのは確定、子どもとも別居中で子どもの生活に不都合があるわけではない」って、微妙に叩かれないラインで保険をかけてる感じがあざといんだよなー。でもそれ不倫ですから!と思ってしまった。そこにテレーズと出会うってタイミングよすぎない?(まーフィクションで倫理的な良し悪し云々を言うと、じゃあ泥棒とか犯罪者が主人公の映画はどうなんだ?と言われたら何も言えないし、その辺ツッコむのも野暮なのは重々分かってるけど。)

 

"俺たちの"ルーニー・マーラーとケイト・ブランシェット"様"、メイン女優二人の競演、隅々までこだわりを感じる品のいい美術・衣装、フィルムの深みを生かした撮影の美しさはみなさんが書かれている通り、どれも一級品。

 

ただ物語的に乗れない所多数、多数。行き先を決めない旅行って何?逃避行?女学生かよ。あとあのスパイみたいなやつ。え、そういうリアリティなの?とずっこけてしまった。調停シーンでキャロルが泣いた後に切る「啖呵」も意味不明、圧倒的に立場が悪いのはどっちだよ。

 

あと(あえてのサラッとなんだろうけど)同性愛に関して二人と社会との衝突が、ほとんどなく「時代考証」としてこれでいいの?こんな程度と思われない?と逆に心配に思った。

 

最近、世間的な話題で不倫について考える機会が多かったため(笑)厳しめです。にしても評価高すぎない?

 

☆3.0

 


Carol 2015 - Extended Trailer

 


町山智浩 映画「キャロル Carol」 たまむすび


映画『キャロル』予告編 90秒ver

 

スタッフ
監督トッド・ヘインズ

製作エリザベス・カールセン
スティーブン・ウーリー
クリスティーン・ベイコン
製作総指揮テッサ・ロス

キャスト
ケイト・ブランシェット/キャロル・エアード
ルーニー・マーラ/テレーズ・ベリベット
サラ・ポールソン/アビー・ゲーハード
ジェイク・レイシー/リチャード・セムコ
カイル・チャンドラー/ハージ・エアード

 

原題 Carol

製作年 2015年
製作国 アメリカ
配給 ファントム・フィルム
上映時間 118分
映倫区分 PG12

受賞

第88回 アカデミー賞ノミネート(2016年)
第73回 ゴールデングローブ賞ノミネート(2016年)
第68回 カンヌ国際映画祭(2015年)