読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京映画帝国

”全映画は3つの部分に分かれる” 基本的にあらすじなし、ネタバレなし、映画館鑑賞作のみの感想[評価/批評]。適度な長さとわかりやすい言葉でのレビューとなることを心がけてます。(☆は最大5。3以上で傑作)

"正義?そんなものこの国にはねえよ" 「インサイダーズ/内部者たち」ネタバレなし感想

TLでとても評判がいいのとほぼTOHOシネマズ独占上映に期待して鑑賞。


政治・経済・メディアの癒着、地縁・血縁・学歴のコネがモノを言う時代遅れの社会構造、という韓国社会の「闇」と「恥部」を描きながら、サスペンスフルで下品でバイオレンスもあり、とちゃんとエンタメをしていて最高だった。やはりこれはいまだ日本には真似できていない芸当だ。

 

固めのテーマと序盤はあまりの説明のスピードに置いていかれそうになったけど、これはある伏線を隠す仕掛けでもあり、中盤から基本的に正義対腐敗の二項対立でどんでん返しまで突き進むので気にしないでいいかと思う。

 

あと白眉は主演イビョンホンの存在感と、二枚目からあんな姿までこなす振れ幅の大きさ。この振り切った感は「ウルフオブウォールストリート」のディカプリオを思い出した。いい年でこれはすごい。

 

本国では原作、特に映画の方がスターウォーズを超える空前の大ヒットだったことが示すように、ここでの題材の「リアリティ」は相当なものなのだろう。主人公検事が正義の思いのままに突き進んだ先にぶつかったある事実には心底ゾッとした。

 

国の恥部でしかない部分をエンタメの中で描くことのできる韓国が羨ましい。これを観てみんなでアルバトロス酒しよう。

 

☆4.0

 


映画『インサイダーズ/内部者たち』予告編

監督ウ・ミンホ

原作ユン・テホ

脚本ウ・ミンホ

撮影コ・ラクソン

美術チョ・ファソン
キャスト
イ・ビョンホン/アン・サング
チョ・スンウ/ウ・ジャンフン
ペク・ユンシク/イ・ガンヒ
イ・ギョンヨン/チャン・ピル
キム・ホンパ/オ・ヒョンス
原題 Inside Men
製作年 2015年
製作国 韓国
配給 クロックワークス
上映時間 130分
映倫区分 R15+