東京映画帝国

”全映画は3つの部分に分かれる” 基本的にあらすじなし、ネタバレなし、映画館鑑賞作のみの感想[評価/批評]。適度な長さとわかりやすい言葉でのレビューとなることを心がけてます。(☆は最大5。3以上で傑作)

「ルーム」感想 <おしい、もったいない>

卵・チャーシュー・メンマと一通りのった普通程度の濃さのラーメンが食べられると思いきや、具材も少ないわりとあっさりめの塩ラーメンだった感じ、美味しさ自体は間違いないんだけど。予告初見時のインパクトからハードルが上がりに上がり切っていた上に、数ヶ月待たされたからちょっと肩すかし。すぐ公開しないから…。

 

アカデミー賞主演女優賞も納得の、誘拐された母親役ブリー・ラーソンと「ルーム」で生まれ外界を知らない子役ジェイコブ・トレンブレイ君と「二つの壮絶な境遇」を演じきった二人の名俳優の素晴らしさ、五歳にして外の世界を初めて見る彼のまなざしとみずみずしい風景を完璧に切り取った、ダニー・コーエンによる撮影の美しさは言うまでもなし(「リリーのすべて」と同じ撮影監督だそうで)。そのリアルさに途中何度も映画であることを忘れてしまっていた。

 

ただエモーショナルな予告からのイメージのせいもあってか、ルーム脱出までとかテンポが少し緩慢に感じてしまって「で、脱出まだ?」ってなったし、(斬新な構成だから仕方ないけど)終盤まで物語をどうしたいのか今ひとつ着地点・方向性が見えず、さらに母親の物語なのか子どもの物語なのかはっきりしなかったのも自分的にはストレスで、正直親子愛云々まで入り込めず。

 

「ルーム」内でちゃんと運動をしているシーンがあったり、メディアの反応とかすごい綿密に取材して真面目に作られてるんだと思うんだけど、あまりのリアルさのつるべ打ちにお腹いっぱい…。実話ベースとはいえ映画ならばもう少し映像的に突き抜けるシーン、ポジティブさがほしかったなー。自分は「よつばと!」好きなもんで子どもの物語に振り切ってジャック君の心の機微と「リアルワールド」とのふれあいとかもっと観たかった。

 

気に入らなかったわけではなくて、満点の可能性があっただけにおしい、もったいない!という感じ。

 

☆4.0

 


映画『ルーム』予告編

監督レニー・アブラハムソン

製作エド・ギニー

デビッド・グロス
製作総指揮

アンドリュー・ロウ
エマ・ドナヒュー

ブリー・ラーソン/ジョイ
ジェイコブ・トレンブレイ/ジャック
ジョアン・アレン/ナンシー
ショーン・ブリジャース/オールド・ニック
ウィリアム・H・メイシー/ロバート

原題 Room
製作年 2015年
製作国 アイルランド・カナダ合作
配給 ギャガ
上映時間 118分
映倫区分 G