読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京映画帝国

”全映画は3つの部分に分かれる” 基本的にあらすじなし、ネタバレなし、映画館鑑賞作のみの感想[評価/批評]。適度な長さとわかりやすい言葉でのレビューとなることを心がけてます。(☆は最大5。3以上で傑作)

”健康が大切ということ” 「モヒカン故郷に帰る」ネタバレなし感想レビュー

監督の作品出演経験者ばかりの独りよがりの配役ではなく、きちんと人気俳優を配しての笑って泣けるドタバタホームドラマ。松田龍平前田敦子柄本明もたいまさこ千葉雄大、名前を挙げたくなるほどみんなよかった!プラス「横道世之介」の監督、この座組でおもしろくないわけないよね。

 

ストーリーは中身の無いモヒカンロッカーが彼女の妊娠を機に故郷に帰るも、父親が病に倒れ予想外にも長く残ることになった中で父親のやりたいことを叶えていく話。

 

モヒカン、コメディというので軽く見られがちだけど、大人になってからの老いた父親と息子の関係性、「健康が大切」「親って死ぬんだな」というテーマは安易に取り上げたものではなく、あぁ監督がそういう経験をしたのかな?と思うほど、各所にリアリティがあり地に足がついていて感心、この辺は大人であれば誰しも心に覚えがあるはずで普遍的に観る人の心を打つ。息子役が父親を早くに亡くしている松田龍平っていうのも彼の心情を色々考えてしまうな。

 

でも湿っぽいばかりではなくて笑えるシーンもたくさんあった。中でも矢沢永吉ワナビーの胡散臭い柄本明お父さんが、コーチをする吹奏楽部生徒たちとのエピソードがいい。入院中、病院屋上でこっそりタバコでも吸うかと思いきや、奇跡的に対面だった学校屋上の吹奏楽部の指揮を執り練習をみる…。瀬戸内海をバックにした美しい光景にウルっとしかけたらデブ女子リーダーが「コーチ、海風で楽器が錆びまぁーす!錆びまぁーーす!!」と叫ぶのが最高、これだけで青春映画1本できるじゃん!「南極料理人」ではイマイチハマらなかったけど今回は、ユーモアと泣きのバランスが本当によかった。

 

あと前田敦子は完全に「もらとりあむタマ子」につづく"俺たちの前田敦子"案件で、強烈な寝顔の「初登場シーン」から最高。彼女は突飛な役より、普通だけどだらしない(でも最低限の常識はある子)女子役があってるな。沖田修一監督わかってる!あと柄本明すごい。もし大手配給入ってたら今年の「賞総ナメ」だったんじゃないかこれ。

もう一回観て、あの家族に会いたいなー。満点。

 

☆5.0


映画『モヒカン故郷に帰る』特報

監督脚本

沖田修一

製作

横澤良雄
川城和実
三宅容介

松田龍平/田村永吉

柄本明/田村治
前田敦子/会沢由佳
もたいまさこ/田村春子
千葉雄大/田村浩二

製作年 2016年
製作国 日本
配給 東京テアトル
上映時間 125分
映倫区分 G