読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京映画帝国

”全映画は3つの部分に分かれる” 基本的にあらすじなし、ネタバレなし、映画館鑑賞作のみの感想[評価/批評]。適度な長さとわかりやすい言葉でのレビューとなることを心がけてます。(☆は最大5。3以上で傑作)

<カギかけろ>「コップカー」ネタバレなし感想レビュー

洋画 サスペンス 青春映画

 

家出少年二人に、パトカーを盗まれるコワモテ保安官の話。

パトカーを盗まれたのは完全に保安官の不注意。感想としては「カギかけろ、アホか」の一言で以降の展開に急速に興味を失い、自分の保安官への渋カッコいい度はゼロに。

当方、ケビン・ベーコンリテラシーが低いものですいません。ケビン・ベーコンを好きな人の感想を読むと、盗難以降に彼の醸しだす絶妙にシュールな空気、愛らしさをニヤニヤしながら観るべきものだったようで。自分が「真面目な話、もしくはサスペンス」だと思って挑んだのがまずかったみたい。

でも80'sっぽいギラギラしたオープニングクレジットのセンス、「家出少年と追いかける警官」というシンプルかつ無駄のない構成、80分台のタイトな尺、半分はいい加減で変な話なのに品のある撮影はよかった。あとあの小学生くらいの少年時代の機微、と言うと聞こえがいいが、男子のやりそうなしょーもない(自分に都合のいい)言動・行動・思考をとてもうまく再現、切り取っていたのに感心。演技とは思えなかった。脚本家は小学生か?(笑)

そう意外や意外、「ジュヴナイル映画度」がかなり高いのでおすすめです。

☆3.0