東京映画帝国

”全映画は3つの部分に分かれる” 基本的にあらすじなし、ネタバレなし、映画館鑑賞作のみの感想[評価/批評]。適度な長さとわかりやすい言葉でのレビューとなることを心がけてます。(☆は最大5。3以上で傑作)

<3時間の黒木華プロモーションビデオ>「リップヴァンウィンクルの花嫁」ネタバレなし感想

評判よかったからかなり期待していたんだけど、前半のリアル路線と後半とのバランスが悪い上に、突っ込みどころ満載でまったく乗れず。「映画」としてはずっと退屈だった。ただ撮影のセンスと主演女優は素晴らしく、180分の映画としてではなく短編5分×36の「黒木華」プロモーションビデオとしてはよかった。前半はリアルでそこからファンタジー調に変わるという手法はあるんだろうし、その辺が監督の個性なんだろうけど、ごめんなさい「ここはどこなんだろう」のシーンとかありえなさすぎてまったくハマりませんでした。

 

唐突な超有名クラシック曲の挿入、Coccoが突然ベラベラと「この世界はさ―」と「イタい語り」をしちゃう、この人の村上春樹的というか「セカイ系」的な語り口って文章とか漫画アニメまでならいいんだけど、現代日本を舞台に実写にしちゃうと(相当上手くやらないと)観てて恥ずかしくなっちゃってダメだわ。いつまで20世紀末みたいなことやってんだろうね。

 

蒼井優似の黒木華蒼井優起用の代名詞みたいな監督が、評価が固まった頃に使うのもあからさまで能がないし。「永久に撮っていたかった」発言とか気持ち悪すぎ。彼女は悪くないんだけど。

 

ガンダムに明るくない人に、一つお伝えするとアムロレイは「ランバラルの友達」じゃないです。

 

気の優しい女の人は「こういうやつに気をつけろ」というメッセージなのかな。

 

☆1.0


『リップヴァンウィンクルの花嫁』予告編


監督 岩井俊二の”今”語ること---『リップヴァンウィンクルの花嫁』独占インタビュー

監督原作脚本

岩井俊二

エグゼクティブプロデューサー

杉田成道

プロデューサー

宮川朋之

キャスト
黒木華/皆川七海
綾野剛/安室
Cocco/里中真白
原日出子/鶴岡カヤ子
地曵豪/鶴岡鉄也

製作年 2016年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 180分
映倫区分 G